Home MapE-mail会員登録サイトマップ 物件募集 ブログ
1.資金計画
・諸費用を含めた総額がどれくらいになるかを把握しましょう。
  物件価格の概ね6%〜9%が目安となります。
・自己資金がどれくらい必要になるのか把握しましょう。
・返済可能な金額を把握することが大事です。
  (年収の約20%〜26%が目安となります。)
2.購入相談
動機を明確にしましょう。
・買主様のご予算、希望エリア、設備等のご要望に沿う物件をご紹介致します。
3.物件案内
実際に物件を見学して頂き、設備・広さ・間取りなど様々な条件を事前に確認して頂きます。
4.ローン事前審査
・金融機関が概ねどれくらい購入資金を融資してくれるかを確認しましょう。
・申請手続は当社にて代行します。買主様には必要書類をご用意して頂きます。
5.購入申込 ご購入を決められた場合、その意思表示を購入申込書という書面にて行います。
6.売買契約締結
・宅地建物取引主任者による重要事項の説明・交付を行います。
・売買契約の締結及び契約書の交付を行います。
・売主様に対して手付金をお支払い頂きます。
 (売買契約の概ね10%程度が目安となります。)
7.金融機関への本申込
・契約後、金融機関に正式にローンを申し込みます。
・金融機関のローン承認後、金融機関と買主様にて金銭消費貸借契約を締結して頂きます。
8.決済・お引渡し
・売買代金の残金を売主様にお支払い、同時に所有権移転の手続きを行います。
・残代金入金確認後、鍵のお引渡しを行います。
来店から購入までも見てね

住宅ローンについて
住宅ローン契約
住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。金融機関は買主様のご懇意な銀行をはじめ、ご自由にお選び頂けます。ローンにはさまざまな商品がありますので、金融機関がお決まりでない方は担当者にご相談ください。
住宅ローンの種類
住宅金融支援機構のフラット35(民間金融期間と住宅金融支援機構が提携した長期固定型住宅ローン)
財形住宅融資(財形貯蓄をしている方を対象とした住宅ローン)
民間金融機関(銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社など)の住宅ローン など
どのローンを利用するかは、お客様の条件や取得する物件によっても異なりますが、一般的に普段利用される金融機関の特典や金利、特定不動産会社を利用した際の優遇措置などを比較して決められます。
金融機関によってはリノベーション費用を融資していただける場合もございます。
住宅ローンの申請に必要なもの
・住宅ローン申込書
・実印
・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・住民票
・住民税決定通知書
・収入証明書(または所得証明書)
・不動産売買契約書
・重要事項説明書
・融資の申込書類一式
・印紙代
など
※金融機関ごとに異なります。
※その他ケースに応じて必要になるものがありますので、詳しくは担当者にお尋ね下さい。
融資承認
住宅ローンの申し込みから1〜3週間程度で、金融機関より融資の審査結果の連絡があります。
融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約(住宅ローンお借り入れのご契約)を結び、詳細な借り入れ条件を決定します。
 不動産の知識  トップ希望条件登録お問い合わせ居住用物件情報会社概要アクセス免責事項個人情報保護方針
                       Copyright(C) All Rights Reserved by 鈴木企画株式会社
                             310-0853茨城県水戸市平須町1828-826